1日の中で為替レートの値動きを利用してリターンを狙う

fsdf939 FXではリアルタイムで為替レートが変動しており、デイトレーダーは1日の中で為替レートの値動きを利用してリターンを狙う手法を用いています。その手法のことをデイトレードと呼んでいます。

デイトレーダーによっては数分間くらいで新規注文と決済注文を繰り返すスキャルピングと言う手法を用いることもあります。スキャルピングでは一度の取引で得られるリターンは少ないですが、何度も取引を繰り返すことで少ないリターンを積み重ねていきます。予め利益確定と損切りのルールを決めておくことが多いです。10pipsで利益確定、5pipsで損切りのルールの場合、10回取引して5勝5敗でも50pipsの利益、25pipsの損失で差額の25pipsの利益が残ります。

損切りルールを徹底して守っていれば、一度の取引で致命傷になることは少ないです。
デイトレーダーによっては複数の通貨ペアのロングやショートのポジションを保有することがありますが、1日ですべてのポジションを決済して持ち越さないのが基本ルールです。この点でハイローのバイナリー取引の短期トレードと似ています。なぜデイトレードでは持ち越さないのかと言うと、寝ている間にポジションを保有していないのでその間に何かあっても損益には影響が出ないからです。

FXではてこの原理を応用したレバレッジをかける事があります。少ない証拠金でも大きな資金として動かす事ができますが、寝ている間に何か悪材料が出て大きな為替変動があると大きな損失を出してしまう可能性があります。持ち越さないデイトレーダーはレバレッジを多用してもそのようなリスクが無いです。FX業者では様々な取扱い通貨ペアがありますがそれぞれ特徴があります。

ユーロ米ドルなど流動性が高い通貨ペアは値動きが安定していてスプレッドが狭い、英ポンド円など流動性の低い通貨ペアは値動きが激しくてスプレッドが広い傾向があります。値動きが安定している方がテクニカル分析を行いやすい、値動きが激しい方が大きなpipsを狙いやすいです。どちらを選ぶかはデイトレーダーのスタイルによって異なります。FXでは高金利通貨を持ち越しするとスワップポイントを受け取りできますが、デイトレーダーは持ち越さないので受け取りすることは出来ないです。

スキャルピング手法ではわずかなpipsを狙うだけに少しのタイミングの遅れがリターンに繋がらなくなってしまい、集中力と瞬発力が要求されます。1日中そのような取引を繰り返すと相場のストレスも加わって疲れ切ってしまう事が多いです。そこでシステムトレードを導入するデイトレーダーが増えています。システムトレードならプログラムがすべて機械的に取引を繰り返してくれるので楽々です。

おすすめ情報

閲覧

基礎知識

両建て