短期取引でリスクを回避

8587sd939FX取引のなかでも一般的に広く知られているのは、デイトレードなどの短期取引ではないでしょうか。短い期間のなかで大きな利益を得ることができるため、為替差益を狙う短期取引が人気を博しているのは確かに頷けます。一方、FX取引の種類のなかにはスワップポイントを狙った長期的な投資などもありますが、こちらに注目する多くの人は、ベテラン以上であることが多いと言えます。

FX取引は、ざっくり説明してしまうと『取引した値段から、価値が上がるか下がるか』を当てるというだけの、わかりやす『二択』の選択です。「ただの二択なら、簡単に読めそうなものじゃないか」と考えがちですが、これがそうもいかぬもの。
実際にトレーダーたちはこの『ただの二択』に、日々頭を悩まされているのです。

単純なハイローどっちかの二択と言えども、実際は難しい選択をしていくなかで、リスクを回避することが不可欠となってきます。そんなリスク管理のなかで、最もわかりやすいのが「米ドルを対象として短期取引を行う」という対策です。

短期取引の通貨は米ドルでリスク管理

FX取引の短期取引において、リスク管理で米ドルを対象とするメリットは、ふたつ挙げられます。ひとつは、米ドルの特徴として挙げられる「安定性」によるものです。世界中で流通している米ドルは、その流通量の多さ故に値動きが安定しているという特性を持っています。主要通貨のなかでも最大の市場を誇る米ドルは、売り買い自体が多く行われるため、多少の取引で相場の状況が急激に変動するということもありません。ニュージーランドドルやポンドなどは、市場も小さく値動きが荒いため、急な相場の変動を読むのが困難であるために、初心者には向かない通貨と言われています。

ベテランのトレーダーが大勝ちを狙いに、流通量の少ない通貨を好む傾向はありますが、リスクを回避するといった意味では、こういった通貨は避けるのがベストだと言えます。初心者のFXトレーダーは為替差益を得る感覚を掴むまで、比較的値動きの読みやすい米ドル/円での短期取引を行うことをおすすめします。

もうひとつのメリットは、米ドルの相場を予測するための情報量です。投資に際して、相場状況を読むために通貨と国に関する情報を集めることは、非常に有利な取引に繋がります。アメリカは貿易・政治ともに世界の中心的存在となっています。

そのため、米ドル相場の値動きはもちろん、経済ニュースや国家情勢にわたるまで、情報を入手しやすいと言えます。実際に米ドルを主な投資先としているベテラントレーダーなどは、こういった相場を予測するための判断要素が手に入りやすいといった理由で、この通貨を好む傾向があるのです。

FX取引で最も重要な通貨や国家への信用からくる安定性も、アメリカという大国には多いに信憑性があると考えられます。以上のメリット面から、為替差益を狙う短期取引は、米ドルを利用することでリスクを抑えることができると言えます。リスク管理はいかなる取引にも必要な考え方となります。これらのことに留意して、うまくリスクを回避していくと良いでしょう。

おすすめ情報

閲覧

基礎知識

両建て